2019/08/28

【残わずか】*クリスタルボウル&グーダドラム*満月リトリートキャンドルナイト*2019.9.15 Crystal Bowl Healing Full-moon Night

*第一部 アカシックレコードリーダー板倉千惠子さんのおはなし会
*第二部 クリスタルボウル&グーダドラム 響きとエネルギーを全身で体感いただく満月リトリート

※告知とともに残わずかです。お早めのお申込みをおすすめいたします
 
【時程】
17:30-開場・受付
18:00-18:05 オープン
18:05-19:00 [前半]おはなし(お食事・任意)
19:00-19:20 [後半]クリスタルボール&グーダドラム演奏 キャンドルナイト
20:00 クローズ

(《満席御礼》個人リーディング セッション①14:00-満席 ②14:50- 満席③15:40- 満席④16:20- 満席⑤17:10- 満席 詳細下記)

【内容】
<前半:アカシックレコードリーダー千惠子さんのおはなし会>
アカシックレコードとは、宇宙が生まれた時からの植物や動物の進化、人類が誕生し、進化したこと、戦争の歴史などこの宇宙に起こったすべての出来事の記憶です。

それと同時に人間一人ひとりの体験や感情、繰り返される前世から来世まで、アカシックレコードとはミクロからマクロまでのあらゆる事象、波動すべての記憶なのです。

お食事しながらアットホームな雰囲気で、千惠子さんならではのおはなしをたっぷり聴いていただく時空間です。

「専業主婦」だった千惠子さんが、東日本大震災、放射線避難、温存治療、アカシックレコードなどさまざまなご経験の中、
「想い癖や生き方には、引きずっているパターンがある」
「ここを変えていくことで、人生は自分の望む方向に行くのではないか」…

そう気づき、「ひとびとのお役に立ちたい」と決められた千惠子さんによる「はじめてのおはなし会」です。


<後半:クリスタルボール&グーダドラム 演奏>
キャンドルの灯りの中、リラックスして横になっていただき、クリスタルボールとグーダドラムの響きとエネルギーを浴びていただく時空間です。

千惠子さん、cokiaさん、会場のみなさまによってうまれるエネルギーをどうぞ全身でおたのしみください。

【持ち物】
□ヨガマットorバスタオル
□水分
□お好みのキャンドルひとつ(いっしょにキャンドルナイトをつくりましょう... 終わったらまた連れてお帰りください)
□(任意)軽食(おはなし会の間に食べていただけます。実費のみで弁当手配可能。詳細下記)

【アクセス】 
大阪府交野市 (詳細はお申込みの方へ)



【満月リトリートナビゲーター*プロフィール】


*板倉 千惠子*
[おはなし・クリスタルボール演奏]
家族中心の専業主婦だった8年前、東日本大震災をきっかけに、人生が大きく変化しました。 放射線避難をする事で、自分がしたい事はなんだろうと模索する中で、アロマやロミロミの資格を取り、初めてスピリチュアルな分野の仕事に入りました。
その後、主人の転勤で引っ越した大阪で乳がんが見つかり、これまでの生き方を、更に軌道修正しなければならない事が起こり始めました。 温存治療は、最初からすんなりと入れた訳ではなく、手術しか考えていなかった私に、医学的知識を持つ友人の経験に基づいた一言がきっかけで、迷いながら入りました。
発症から4年、まだ腫瘍はありますが、多くの方のお力をお借りしながら、代替医療やスピリチュアルな分野を取り入れながら、現在も治療を続けています。 その治療に取り入れているアカシックとの出会いは、2017年でした。 初めてセッションを受けた時に、乳がんの起源が過去世にある事を知り、とても衝撃を受けました。 起源を知る事で、自分の思い癖や生き方には、過去から引きずっているパターンがあることに気付き、ここを変えて行く事で、人生は、自分の望む方向に行くのではないかと気付き始めました。 現代の医学では証明できませんが、私自身が納得する内容だったので、私もアカシックを読めるようになって、病気の方のお役に立ちたいと思うようになりました。
そして翌年から、ノウイングスクールでアカシックリーディングを学び始め、今年の2月に卒業。 今年の4月より、ノウイングスクール認定アカシックリーダーとして、お仕事を始めさせて頂いています。


*cokia*
[グーダドラム演奏]
カフェ・ホクトシチセイ★店長
ホクトシチセイと云う空間の中で出逢った「ひと」「もの」を伝えて行くことを大切にしています。
グーダドラム...民族的なこの楽器は、実はウクライナで作られている現代楽器なのですが、何故か懐かしく、水の調べの様な美しい音は、人のからだに染み入る様な気がします。
十六夜(いざよい) 鏡花水月の音を☆

*柳原 里実*
【時空間プロデュース・進行】
「いつもがわくわく☆こどもてらこや・おとな寺子屋」「四季のめぐりカフェ・リトリート」主宰。
ひとは本来『いのちの力強さ』にあふれている存在です。
でも時には、「うねうね」「どよーん」…迷ったり、悩んだりすることも。
渦中にいるときはとってもしんどいけれど、「いのちの奥行き」を深める「糧(かて)」に、いつかきっとできる...。

そっと背中を押してくれる存在に触れることで、その方が、もともと持っておられる「いのちの力強い回転を取り戻す」、そんな時空間を共に創っていけたらうれしく思います。

写真は前回の<ヒーリングライアー*リトリート>でのキャンドルナイト庭の様子です。
「夜がなくなった」といわれる現代、ゆれるろうそくの灯とともに、夜の美しさも五感で体感する夜を いっしょに つくっていただけましたら幸いです。

【アカシックレコードとは】
「シュタイナー教育」創始者・哲学者・神秘思想家・教育者であるルドルフ・シュタイナーが命名。「元始からのすべての事象、想念、感情が記録されているという世界記憶の概念」「宇宙生誕から、人間、動植物の感情や思考、記憶が記されているもの」と言われています。

【ご参加費】
*クリスタルボール&グーダドラム演奏会+アカシックレコードおはなし会 3300円
*アカシックレコード個人セッション3000円
*両方お申し込みの方 6000円

【満席御礼 アカシックレコード個人リーディングセッション詳細】

1枠30分/3000円
①14:00- 満席②14:50- 満席③15:40-満席 ④16:20- 満席⑤17:10- 満席
★ご予約はメッセージにてお受けさせて頂きます。
★ご予約の際、枠数、お名前(旧姓も)と生年月日をお知らせ下さい。
★リーディング内容例
①魂の目的
②今の自分に一番影響を与えている過去世
③今生の役割と使命
④自分の中に眠っている才能の種
他にもありますが、このような事も見れますので、ご参考になさってくださいませ。

【お弁当お申込み詳細】
メッセージで A竹皮弁当(650円)か B唐揚げ竹皮弁当(750円) 個数おしらせください。 
 (注)外部発注のため、前日以降のキャンセルは、実費お引き取りお願いします。


Q1.「夕飯は 満月リトリートの間に 食べる方がいいでしょうか? 伺う前に済ませる方がよいでしょうか?」

A1. お問い合わせ ありがとうございます✨

通常のお話会や演奏会とは ちがい、あえて 「食べる機会」が 2回 構成されています。
 

2019/08/08

ホーム・コンタクト『いつもがわくわく☆こどもてらこや』他活動☆Home[schedule&contact]

いま・ここで いのちのよろこび かがやかせよう
いつもがわくわくこどもてらこや・おとなてらこや』
"Enjoy being Here and Now"『Itsumoga Wakuwaku Terakoya』Work Space and Events for Kids and Those who used to be Kids
: One-day Japanese Cultural Lessons ; Japanese Cooking, Tea Cereony, Kimono, Japanese Confectionery, Growing Organic Vegetables, Seasonal Homemaking etc.        

〇3つの想い CONCEPT of Terakoya♪
存在への肯定
「本来のわたし」には 「力強いいのち」が備わっている…♪
あなたが あなた自身に「OK」と感じる場
こどもたちが こども時代を安心して堪能できる場でありたいと思っています
  We'd like to  provide the place you let yourself feel you are perfect as you are.  
 
*人生への慈しみ
「このわたし」の人生は 本当に 一度切り…♪
おとなが 自主的に 創造的に いのちいっぱいに生き切る姿で  
こどもたちに「おとなになることへの 勇気と希望」を与える場でありたいと思っています
We'd like to help the world better place, where grownups enjoy one's lives and kids look forward to grow up.
 

*共同創造
「いま・ここ」を五感で味わい 愛(め)でる…♪
四季の行事、暮らしの手作り、先人の智恵、和の文化…
「なんでもない日常にある愉しみ」を 共に体験する場でありたいと思っています
We'd like to provide the occasion to be Here and Now and feel Here and Now through the Five and more Senses. 
     
〇活動の3本の柱 Three MAIN PILLARS of Terakoya♪

①体験 "DO"
四季の行事・循環的暮らしの手作り・和の文化・アウトドア育児・自然栽培畑活動・国際交流 など
自分の足元について「知る」だけでなく、五感で「体感する」。
同時に、活動に関する簡単な英語表現にも触れ、広い視野を保ちたいと思っています。
    
-1いつもがわくわく☆こどもてらこや・おとなてらこや』いまここをまるごと体感♪(→リンク  LINK)
ー2世界☆食めぐり』いまここで世界とつながろう♪(→リンク World Cooking LINK)
-3四季のめぐりカフェ』わたしを慈(いつく)しむ時空間♪(→リンク One-day Cafe LINK)
-4ピクニック☆ハナとハチ』外でごはんをいっしょに食べませんか?(→リンク Picnic LINK準備中です)
 
②発信 "OFFER"
活動の様子や方法を発信・共有しあいたいと思っています。
②-1本・寄稿(→リンク Books& Contributions LINK) ←準備中です
②-2ラジオ(→リンク Radio LINK)←準備中です
②-3アート・展示(→リンク Art Exhibition LINK)←準備中です
②-4音楽・ライブ』ボサノバ・オリジナルカタノバ♪(→リンク  Singer song writing FB)
②-5こどもてらこやインスタ 着物インスタ( Instagram) (blogger 


③循環 "CIRCULATE" 
参加費に乗せられた「おいしい」「できた」「うれしい」などのエネルギーを
次のよろこびの一助となるよう、寄附などにより循環させています。
-1『よろこびめぐり・物々交換・寄附など』(→寄附先一覧・累計リンクExchanging&DonationLINK)
       
〇コンタクト 原稿・イベントetc.お問い合わせ CONTACT♪ 
 terakoya.y@nike.eonet.ne.jp

ありがとうございます Thank you so much for visiting us♪

2019/07/08

古代小麦を刈り取って天然のストローで季節のドリンクを飲もうHarvesting Organic Wheat & Tasting Seasonal Homemade Drink with Natural Straw



 初夏の緑がまぶしい季節。小さなてらこやはたけの一画だけ金色です。
前回「お花見」をした古代麦が収穫の時を迎えました。いよいよ刈り取りです。
梅雨に入る前、晴れが続いている日をねらいます。
雨続きで水分を含むと乾燥時にカビが出やすくなるのを避けるためです。

鎌など昔の道具は、使い方を伝えてその通りに使うとちいさいひともけがをしません。

さて、稲と麦を刈ってみると、その違いが明らかになりました。
 
それは「麦の茎はとても固くてしっかりしているということ」と「茎の中心にきれいに空洞があること」。
両端の節を切り落として素敵なストローをつくりましょう。

さて、ストローの起源は紀元前4000年~3000年頃。
メソポタミア文明の陶板には、ビールを作るシュメール人が描かれているそうですが、冬至は濾過(ろか)の技術がなかったので、不純物をよけて飲むために、葦(あし)の茎をさして飲んだといわれています。
ペルシャ語のストローは『neyネイ(葦)』。のちに麦の茎が使われるようになり、英語ではストローが『strawストロー(麦)』と呼ばれるようになったそう。
 


では自分で育てて刈り取ったstraw(ストロー)のストローで 季節の酵素ジュースを飲んでみましょう。
材料は、この地域一帯の発展に欠かせなかった、交野の地名にもなっておられる先輩のおうちの自然栽培のびわ。
歴史を感じるストローとドリンクと、いまを生きるこどものみなさんの共演のこどもてらこやでした。 

 
<小麦の刈り方>
①右手にのこぎり鎌を持ち、左手で小麦の根元から少し上をつかみます。
 *小麦の茎は稲より固いので稲刈りの時より少なくつかむと刈りやすい
 *地面から5~10cmくらい
 *茎を長めに切ると麦わらとして利用しやすく無駄がない 
②つかんだ手より下を鎌で刈ります。
 *鎌の刃の向きはやや下方にするとけがしない 
 
<ストローの作り方>
①太い茎を選び、両端の節を切り落としたらできあがり。
 *無農薬、無化学肥料ならでは
 *使い終わったら、洗って、風通しのよいところで乾かしましょう。何度も使ってへたってきたら土に還しましょう。
『いつもがわくわく☆こどもてらこや・おとなてらこや』コンタクト・これまでの活動などはこちらです