2018/01/05

春の花のお砂糖掛け -Making Candied Flowers-

 可憐なのに 生命力にあふれる春の花。砂糖がけにして、卓の上でも楽しむのは西洋の知恵です。すみれ、パンジー、ナスタチウム、ミント、ハーブの花、梅など、食べられる花を、花首だけ摘みます。(毒性のある 水仙、サクラソウ、ツワブキ、フクジュソウなどや、薬のかけられている園芸店の花は避けます。) 
 1.流水で洗い、タオルでやさしく水気を取ります。細かいところは小さく折りたたんだキッチンペーパーなどで吸い取ってもよいです。
 2.伝統的な方法は、軽く泡立てた卵の白身を、花の裏から表に、筆でごく薄く塗ります。白身の代わりに、シロップ(水1:砂糖1)やブランデーにつけると、アレルギーの心配もありませんね。
 3. 砂糖をかけます。花の色を活かしたいなら、白砂糖。スティックシュガーの端を斜めに切るとかけやすいです。生成りの体にやさしい雰囲気にしたいなら、未精製糖。余分な砂糖をふるい落とし、オープンシートかラップを敷いたトレーの上でひと晩から二日 乾かします。冷蔵庫内なら、乾燥もしており、季節問わず乾きよいようです。かちかちに乾いたら、できあがり。密封保存で一年ほど、冷凍保存長期保存可能。洋のお菓子、和の菓子どちらにも。目に舌に 心に 美しい驚きを。
[ふわふわチーズケーキにニオイスミレSugared Violet on a Fluffy Cheese Cake]
  Why don't we bring the joy of spring to our dining table? Crystallized flowers taste amazing, and they add an elegant touch to every dessert.  1.Cut the flowers as close to the base of the flower as possible. Avoid sprayed flowers or poisonous ones, of course. 2. Carefully wash and dry the flowers using paper towels. 3. Beat an egg white in the small bowl until slightly foamy. Holding a flower, if you like, with tweezers, paint each flower with the egg white lightly, from the back of the petals and then the top of them. 4. Sprinkle with fine sugar evenly. Gently shake off any excess sugar. 5. Place the coated flowers on wax paper to dry overnight. 6. Store the flowers in layers, separated on tissue paper, in an airtight container until ready to use. They can last up to one year.  Let's give a lovely surprise to your eyes, mouth and heart.