2017/09/05

海水から 自然塩をつくろう Making Salt from Sea Water


まず、海水を汲みます。



なべに海水を入れ強火で、どんどん水分を飛ばします。





海水の量が2/10位になってきたら、木べらでまぜながら、さらに煮つめます。

海水の量が1/10位になる頃から白く濁ってきて、お塩!と期待しますが、これは塩ではありません。
硫酸カルシウムなのだそうです。

フィルターでこし、瓶に落ちた塩水を煮つめると、また白く結晶化してきました。
ようやく塩です!

フィルターでこすと、フィルターに塩が残り、びんににがりがとれました。

どろどろの塩をフライパンに入れ、弱火でかき混ぜながら、こびりつかないように、少しだけ水分をとばすと、ミネラルたっぷりしっとり自然塩のできあがり。

海水1 lから約23gのお塩がとれましたよ。

残ったにがりと硫酸カルシウムを使って、次は丸大豆からおとうふをつくりましょうね。
スケジュール&いままでやったこと*こちらです♪schedule&contact
The first thing to do to make salt is … get sea water. Evaparate the sea water in a pan on a large flame. When the amount of the water becomes 2/10, start stirring using a spatula. When the amount of the water gets 1/10, the water begins to look get cloudy, which makes us mistake it as salt, but it’s not. It’s calcium sulfate. Filter it through cloth, and you can get dump salt in the cloth and bittern in a bottle. Pour the dump salt in a pan, evaporate a little stirring using a spatula, in order not to let it stick to the pan, now you get approximately 23g handmade salt. Well, let’s make Tofu from whole soybeans using calcium sulfate and bittern next time.

0 件のコメント: