2017/01/06

世界食めぐりvol.16☆ブルガリア共和国☆おうちで世界を旅しよう☆~To Republic of Bulgaria LOVE from Japan~Cooking World Dishes with Kids

Penyблиka Бbлrapия ―

 ブルガリア生まれの美しい人は、それは鮮やかな衣装できてくれました。
 素敵なBoryana先生です。民族衣装は、その国の人をさらに美しくしてくれるように思います。
 まずは、ブルガリアクイズに挑戦です。場所、首都、言葉、文字、音楽、祭り、食…。知らなかったことがたくさんです。
680年に第一次ブルガリア帝国、12世紀に第二次ブルガリア帝国、1878年に大ブルガリア公国、1909年にブルガリア王国、1944年に王政が廃止され、ブルガリア人民共和国、1989年に現在のブルガリア共和国(Penyблиka Бbлrapия)に。
 
黒海に面し、美しい山や自然がいっぱい。薔薇が有名で、日本からも観光客が春のお守りの「マルテニツアMapтeницa」、悪魔を追い払う「クケリkykepи」、赤ちゃんの将来の仕事を占う「プロシュタパルニックпpoЩЪпaлниk」…。 

ブルガリア語も、キリル文字もはじめてです。Boryanaさんが現地で撮られたたくさんの写真や、ブルガリアの音楽を聞かせてくれました。

では、エプロンをつけて、ブルガリア料理に挑戦です。
ヨーグルト(Yogurt / kиceлo млякoなんといってもブルガリアヨーグルト。商品名ではなく、世界で一番有名なのだそうです。デザートだけでなく、スープやメイン料理にもたくさん使われています。きゅうり、くるみのみじん切りの入った冷たいスープ、タラトゥール(Tapatopは、さっぱりとコクがあっておいしい。

ムサカ(Moussaka /Мycaкa玉ねぎ、じゃがいも、にんじんをみんなでみじん切りに。ひき肉と炒めて、トマトを加えて、すっかり火が通ったら、ブルガリアのスパイスを加えます。みんなでクンクン。「お~」「かいだことあるかも…」「わたしはないな~」「『はーぶ』って感じ~」
 耐熱皿に移したら、ヨーグルト、卵、小麦粉を混ぜたソースをたっぷりかけて、180℃のオーブンで15分こんがり焼き目をつけたらできあがり。ごはんにのっけてムサカ丼もおいしすぎる。


 
ショプスカ・サラダ( Shopska /Шoпcкa caлaтaブルガリアのサラダといえば、これ。サラダの上に、羊の乳からできたスレネチーズかフェタチーズをたっぷりおろしかけたらできあがり。

カヴァルマ(kavarma/ Кaвapмaブルガリアの煮込み料理といえばこれ。肉や野菜をトマト味で煮込み、上に卵やチーズを乗せたもの。Sさん作。
キュフテ( Kjufte /kюфтeブルガリア式ミートボール。こちらもSさん作。

バニツァ(Banitsa /Бaницa薄いパイ生地でフェタチーズを包んだ、ブルガリア風チーズパイ。

 たくさんの持ち寄りで、みんなおなかいっぱいになったら、ブルガリアの伝統的な音楽でダンス。
  お誕生日おめでとうでにっこり。
 
ブルガリアでにっこり。Boryana先生、たのしいブルガリアのゆうべをБлагодаря. ブラゴダリャー!

*いつもがわくわくてらこや*スケジュール*いままでやったこと*こちらですschedule&contact♪

0 件のコメント: