2016/09/24

世界食めぐりvol.8☆台湾☆おうちで世界を旅しよう☆Meet the World at Home ~To Taiwan LOVE from Japan~

台北、九份(きゅうふん)、夜市、故宮博物院、迪化街(てきかがい:漢方・乾物の市場)は熱気がありました。

特に素敵だったのは、地元の方たちがいくちいさな市場やスーパーマーケットです。

日常の品物を見たり、買ってみるのは本当に楽しいことですね。

お肉やソーセージがぶら下がる店先、いろいろな形の山盛りの点心、お玉が添えられたケースいっぱいの貝。
大きな中華包丁に丸いまな板。
食堂は、地元の家族連れの方がいっぱいで、大きな声でしゃべりながら、円卓を回し、山盛りの料理を取り分けて食べる姿はいいものだなあと思いました。





有名な小籠包の老舗・鼎泰豊(ディンタイフォン)は待つ甲斐のあるおいしすぎるお店でした。

ということで、「歓迎光臨到寺子屋!!

清炒豆苗 チンチャオドウミアオ:豆苗の塩炒め。空芯菜の塩炒めがおいしすぎ、炒め物にはまりました。


炒米粉 チャオビーフン:焼きビーフン 偶然にも台湾産のビーフンが手に入り、炒めて、煮て、ほっとするおいしさ。


魯肉飯 ルーローファン:煮込み豚肉かけごはん。油抜きした豚バラをごま油で炒め、しょうゆ、紹興酒で煮含める。ゆで卵がこれまたよく合う。なんておいしいんだろう。苦手な八角は抜き。いつか香菜(ツァンツァイ)と共に、苦手でなくなる日が来ますように。

 
 

小籠包 シャオロンパオ:小籠包!みんなで120個広げて包んで蒸しましたよ

[生地]強力粉200g 塩小1 砂糖小1を混ぜて、お湯120ccを入れて、耳たぶくらいの柔らかさになるまで練り、ごま油大1を加え、さらに練る。なめらかになったら、まるめて、濡れふきんかラップをかけて1時間以上常温で休ませる。

 []豚肉400g、しょうゆ大1、塩大1、ねぎみじん切り大2、生姜すりおろし大2、酒大1、ごま油大1、スープゼラチン(ゼラチン12gで固めた鶏がらスープ400cc)をよく混ぜる。今回はM氏の力作。

[包む・蒸す] 生地を3040等分し、丸め、生地を回しながら、中央から上に綿棒を転がし、できるだけ薄く大きく広げ、はみ出ないように包む。せいろで78分蒸す。千切りのしょうが、酢醤油といただく。
 

芒果冰 マングオビン:台湾と言えば完熟マンゴーのかき氷です。
珍珠女乃茶 ゼンズウナイツァー:台湾と言えばタピオカミルクティーです。

芒果茶 マングオツァー:台湾ごっこ情報を得られたかのように、遠方の先輩から台湾産のマンゴーティーが届きました。

按摩 アンモ:現地で台湾式マッサージを受ける大人たちを見学していたこどもだちによる営業。あの動きはこうやっていたのね!値段を聞くと、全身で「1円です」。毎日お願いしたい。
 
 日本と深いかかわりのある台湾。震災の折の励まし、お礼、交流。政治的にはいろいろとある、どこの国でも、そこに住んでいる市井(しせい)の人々は、そこでいのち輝かせ、毎日を生きていっている。多謝台湾。最好的台湾。

*いつもがわくわくてらこや*スケジュール*コンタクト&いままでやったこと*こちらです♪

0 件のコメント: