2015/10/01

秋の食卓 -さんまごはんと 重ね煮ー Autumn Dining

 海に囲まれた国に生まれて よかった… さんまの季節。
落語絵本「目黒のさんま」に 出てくるように、炭火で じゅうじゅう 焼くのは たまりませんね。
昔、マンションで七輪をやってみたら、台所の火災報知機を 鳴らしてしまいました。


さんまごはんが うちでは 大人気。
フライパンで 表面に焦げ目をつけたさんまを、酒、しょうゆを加えて水加減したお米の上に置き、いつもと同じ時間炊くだけ。
お好みで、千切りにしたしょうがを入れてもよし。
炊けたら 骨を取って、全体をやさしく軽くほぐします。


具だくさんみそ汁、かぼしゃの煮つけ、じゃがいもときのこのあえ物、しその実の炊いたの、ぜんまいの煮つけ、きゅうりの玄米こうじ漬け、栗の渋皮煮、おからとひじきと豆のサラダ。
お野菜は、交野の友人の畑産。すだちは、友人のおばあちゃんの山産、しその実はおじいちゃんの畑産、ぜんまいは春におばあちゃんが摘んだもの、栗は友人のご実家の山産。感謝の食卓!


ちなみに、お茶碗や皿は、昔 つくったものですよ。洗面所の 洗面ボウルとお揃いです。
秋! ありがとう!

0 件のコメント: