2015/08/11

石の漬物石とペーパーウェイトとろうそく立て Stone Weights and Candlesticks



 
長い年月をかけて固く固くなった岩の、ごつごつとしたかけらが、長い長い時の中で、転がり、ぶつかり、流れる水に撫でられ続けようやくなめらかな石になります。
水に鞣されたすべすべの石を両の掌に包んでいると、なんともいえない静かな気持ちになります。 
分けてくださいねと河原に声をかけて、台所に連れて帰ります。カウンターに転がっているだけで素敵です。
ちょっとしたメモを押さえたり、オーブンシートがくるりとなるのを押さえたり、仕事もしてくれます
軽く塩をまぶした野菜をビニール袋に入れ、口をきゅっと閉じて器に入れ、ちょこんと石を乗せると、おいしいお漬物。
少しを作るならば石を乗せなくてもできますが、「ここで漬物つけてるよ」という感じもよいですし、野菜も「よし、漬物になろう」という気になりやすいように思います。

 
 
何気ない石のろうそく立ては、一枚の静かな絵のようです。
 
写真の石は、実は掌で磁土をするすると形作った磁器。ひとつだけ本物の石がありますよ。
 

切手や雑誌の切り抜きなどを貼るのもかわいいです。こちらはヘンリー・ディビッド・ソロウの、私の大好きな一節の印字された紙片で、元はティーバックの持つところです。
白い筋入りの石も素敵でしょう!元職場の先輩が、その石を地中海の海岸で見た時に、私っぽいなと思って連れ帰ってくださったものです。
真冬など、石が冷えていますと垂らしたろうがすぐに固まってしまいますので、石を少し温めるか、気長にぽたぽたするとよいようです。
垂れてしまったろうは、40℃位のお湯で簡単に落ちます。そのまま流しますと排水管の中で固まり、つまりの原因となるので、ボウルに入れた最小限のお湯で洗い、あとで固まった部分を、ありがとうございましたと捨てましょう。

彼らがそのまま「いる」だけで十二分に素敵なのは、私たちには及ばない時の長さを包有しているからかもしれません。
私たちより小さいけれど、そして小さいほど、人間の私よりものすごおく先輩で、それなのにものすごおく庶民的なことに付き合ってくださって、さすが先輩は懐が深いです。
It takes so long to form hard layer and takes so long again to be crashed into rocks, broken into smaller pieces, rolled, tumbled and tanned by wind or stream, which has lastly become a smooth rock. When I put a small smooth rock between my palms, I feel tranquility. After asking the riverbank for letting me share some of the rocks, I bring them to my home. They become cool objet on the counter in the kitchen. They also work as weight for memo or parchment paper. Placing one stone on a plastic bag of salted vegetables for a day enables you to make nicely pickled vegetables. To tell the truth, if the bag is tightly closed, you don’t have to put a stone on as people used to do long ago when plastic bags weren’t invented. Anyway I love to see a stone pickling and I feel he helps the vegetables decide to become nice pickles from now on. You can make it lovelier by sticking a cool stamp, a cutting or something else. I stuck my favorite words by Henry David Thoreau on one of the stones and this tiny piece of paper used to be a part of a tea bag. Take a look at the stones with perfect white lines. They are from Mediterranean Sea shore, which one of my ex-coworkers thought they would be perfect for me, and yes, it was bingo. Such stones are just lovely as they are. It might be because they contain such “long time” within that we human beings can never experience in one generation. All stones are respectable seniors for us, the smaller, the more senior. How generous they are to do the most humble and common things at home with us. A candle on a common stone is like an elegant and tranquil picture. When a stone is too cold to let hot wax hold a candle, warm the stone and then give it a try. There is only one stone in the picture and the others are porcelain stones I made. Can you recognize?.

0 件のコメント: