2017/09/05

しこしこつるつる うどん作りMaking Udon Noodle at Home


うどん生地は足で踏むのだとはじめて知った時、あらと感じたことを覚えています。
そして、なぜ一瞬戸惑いを覚えたのか考えてみました。
 
また)いだらだめだよ、これ、新聞紙踏まないの、足で閉めるなんて行儀悪いぞ…小さい頃注意された行いの「足」にまつわるイメージに気づきました。なるほど。
 

それから、跨いだり、踏んだりできるのも、畳が暮らしの中心で、そこで新聞を広げたり、爪を切っていたり、うたたねをしていた頃ならでは。
床に椅子のお宅が多い今は、しつけの内容も異なりますね。
また、両の手の代わりに、足を使って暮らしておられる方もおられますね。
 
そして、ワインもそうでした。ぶどうの大樽で、女たちが足を茜色に染めながら、朗らかにかしましく、原汁をつくっていたのでした。自然の恵みから、「いのち」をつなぐ「食」を
つくるとき、手や足を使うのは自然なことなのでしたね。

足も手も、頭で思ったことを表現し、作業してくれる身体の一部。
どういう思いでそれを動かすかが大切なのですね。
さて、腰の強い、おいしいうどんを作るために、身体をしっかり使って、よいしょ、よいしょとしっかり踏みましょう。



しこしこつるつる、自分の作ったうどんは格別ですね。

<1人前> 中力粉100g 水42~45cc(夏42%~冬45%)  自然塩4.6g~3g(冬3g~夏4.6g)  

水に塩を溶かし、大きなボウルに粉を入れ、塩水1/2を入れてほぐすように全体を混ぜる。残りの塩水の1/2を入れ、指を立ててほぐすようにまぜ、最後の塩水も入れて、混ぜる。まとめて、密封して 15分くらい置いておく。

 
 
When I first heard Udon dough is kneaded not hands but by feet, I was surprised. Then I reflected why I felt hesitated to step on food. “Look, you shouldn’t walk over something.” Don’t step on newspaper. or “How rude closing a door with your foot is! ” … from these advice or warning for me, I guess and I hope it’s when I was very small, I seem to have made up the image about “foot”. And those things were possible long ago when all houses had tamami-mat rooms where family members relaxed, reading newspaper or taking a nap on the mat. Some of us also use their feet as their hands. Now I remember wine used to be made by cheerful women stamping grape, dying their bare feet beautiful madder red. It is natural to use our hands and feet to produce “food for sustaining One Life” out of nature. Our hand and feet are equally parts of our body, expressing what our mind intends to do. I believe it is important that how conscious you are when using them, not what part you use. Well, to make good and chewy Udon noodle, let’s stamp on the dough wrapped in clean cotton cloth, using your body fully.

0 件のコメント: